ミッション:世の中にどんな貢献をするのか

1.個人店~数店舗規模の飲食店の経営支援を通して、オーナーの幸せ実現、地域社会の活性化に貢献する。

 

2.志を共有できるビジネスパートナーの飲食店コンサルティング事業立ち上げをサポートする。


地場に根差した飲食店の価値を高めたい

  

私が、ランチを食べに行きたい、誰かと飲みに行きたいと思ったときに

自然と足が向かうのはオーナーさんの個性や想いがにじみ出ている店です。

チェーン店ではなく、1店舗~せいぜい数店舗までの規模感というところでしょうか

 

 

しかし残念なことにそのような魅力的的なお店のオーナーさんの中には

頑張り過ぎて、忙し過ぎて

「人の問題」「集客の問題」「お金の問題」等にきっちりと向き合い、

対策を考える時間もなく、 問題がだんだんと大きくなっているケースをみかけます。

 

もっと繁盛してもいいはずなのに・・・



と非常に残念に思うのです。

 

私たちは、そのような頑張っているのに、イマイチ儲からない、という

お店のオーナーに寄り添う形で問題解決のお手伝いをさせていただいています。

 

オーナーの顔が見える、心意気が感じられるお店こそが 地域社会の活性化に必要不可欠だと信じるからです。

 

 

 

  

個店を応援したいという想いのルーツ

■両親が営んだカメラ店

 

私は昭和36年、大阪の下町でカメラ店の長男として誕生しました。父は昭和34年に脱サラでカメラ店を開業

資金をすべて開業の内装費用などに充ててしまったらしく最初は、カメラどころか、フィルムも陳列できなかった

ようです。

 

開店当初は、店を開けても、ほとんどお客さんもなく、生活のため父はアルバイトに行って、母が店の留守番をする

日々が続きました。

 

今では考えられないのですがカメラ、写真は生活必需品でないため、「ぜいたく品」の一種とみられ、それほど需要

もなかったのでしょう。

そんな状況下で必死でやりくりをしながらも徐々に商売は軌道に乗り、その後、昭和45年、大阪万博の年を迎えます。

 

そしてこの万博を機に、景気もよくなり、またレジャー人口の増加とともに、かなり商売も繁盛していきます。

その後、レジャーも単なるブームでなく日常となり、誰もが気軽に旅行を楽しむ時代が到来し、写真の需要も

どんどん高まっていきました。

 

しかしながら需要が高まると当然、大手も参入をはじめ、各地に写真現像のチェーン店が出店、価格だけでなく、

朝に出したら夕方写真を手渡すというスピードショップも現れ、父の店も大手チェーンに徐々に顧客を奪われ

ていきました。

 

そこで、店でスピード仕上げのできる現像機をローンで購入したり、出張撮影等の注文を取るなどして売り上げを

あげて、何とか店を守っていたようです。

 

また世間話の好きな母との会話を楽しむために、ある一定数のお客さんがファンとしてついていたということも

覚えています。自宅と店舗が一緒のために、家賃もかからないので、父母ともに元気だった平成10年くらいま

ではなんとか商売をやっていましたが、その後、店を閉めることになったのです。

 

 

■再び個店の魅力が求められる時代

 

さて、父と母が切り盛りした、カメラ店が大手企業の参入の影響を受けて、価格競争やスピード競争に敗れて、

衰退していったというのは、経済成長の過程で起こったごく自然の出来事です。

 

当時、大手スーパーの出店によって、たくさんの小売店が廃業していきました。大手スーパーによって、

私たちも暮らしが便利になり安くて良いものが簡単に手に入るメリットを享受できる時代がやってきたのです。

 

しかし時は流れて今、個人の趣味嗜好や、価値観多様化の、「個」の時代といわれています。

 

私自身も、前述のように居酒屋を選ぶ際に、通常は、味やサービスが画一的な大手チェーンではなく、

オーナーの想いが感じられる個店や、地域で数店舗展開している店を選びます。

「通常」はと書いたのは、お付き合いだけのちょっとした軽い飲みニケーションのためなら、大手チェーンを使うこ

ともあるからです。

 

パンを買う時、スーパーで大手メーカーの食パンを買うこともあれば、落ち着いてちょっと優雅な朝食を楽しみたいときは、

最近流行りの、高級食パンを買うこともあります。

すなわち価値観の多様化とは、一人がひとりの価値観が多様化しているだけでなく、一人という個の中にも利用シーンや

その時の感情によって多様化しているということです。

 

そしてその価値観の多様化に対応し、人生を豊かにしてくれる「個店」の意義というものを痛切に感じるようになってきました。

 

そして現在、個店のオーナーの店が繁盛することで、地域の活性化と、オーナーの幸せの実現が実現できることを

目的に日々、奮闘しています。

 


主な提供サービス

お困りごと解決総合支援

 

飲食店オーナーの悩みはつきません。

人の採用、定着題、集客、資金繰り、そしてそれらの問題が絡み合うことからくる、オーナーご自身の心の不安、そんな複雑な問題を解きほぐし、解決の方向性を一緒に見つけるご支援を行っています。

集客サポート

私たちが最も得意とするプログラムが集客サポート。単なるテクニックで集めるのでなく、どんなブランドを創るのかという設計を行い、その上でターゲットにメッセージをどのように届けるかを緻密に考えます。

人材採用・定着のお悩み解決

飲食店の人手不足問題は実に深刻です。

ただしスタッフの採用の前に、スタッフが

活き活きと働く制度や環境の整備が大事です。その上で、あらゆる方法を駆使して採用を進めていきたいものです。




お気軽にお問い合わせください

メモ: * は入力必須項目です