カフェ開業ご支援(来てほしくないお客様を明確にする)

昨年末、とあるご婦人から

 

「長年の夢であるカフェを開業したい」

 

というご相談を、受けました。

 

 

 

 

・こんなカップを使いたい

 

・ランチタイムはこんなサンドイッチを提供したい

 

・ステキなお客様が集まる空間をつくりたい

 

 

と夢はふくらむ一方で

 

・本当に自分が開業してうまくやっていけるのか?

 

・お客さんが来てくれるだろうか?

 

・コーヒーうまく淹れることができるだろうか?

 

と不安も一杯の様子

 

 

最初にご相談を受けてからの3カ月

 

なぜカフェをしたいのか?

 

という自分の本心と向き合っていただきました。

(この間は、決断の前なのでノンギャラです)

 

Q:なぜ、カフェなんですか?

A::長年の夢だったから

 

Q:どんな夢ですか

A:自分のお店が持ちたい

 

Q:カフェでなくてもいいのでは

A:コーヒーが好きだから

 

Q:他の理由は

A::人の集まる上質で優雅な場所にしたい

  

  その時の気分で

  一人でのんびりしていただくのもいいし

  お話し相手になるのもいいし

 

  ゆっくり安らいでいただける場所を創りた

 

 

だいぶ明確になってきました。

  

 

色々な人が来ていただくと、たまにはへんな人も来ますよ

 

しかもカフェってそれほど儲からないですよ

それでもやりたいですか?

 

 

絶対うまくいくという保証はありませんよ

 

というようなやりとりの末、

 

先日開業を決断されました。

 

 

やると決められた限りは徹底的にサポートします。

 

成功する確率を高め、失敗する確率を極力

低くするお手伝いはします

 

しかし

 

・場所の選定

 

・内装デザイン

 

・アルバイトの雇用

 

アドバイスはするけれど最終的な決断はオーナーご自身です。

 

答えは一つではありませんから。

 

 

原理原則として絶対間違っていることは避けて頂くようにします

 

 

 

さて最近、特に中高年の方のカフェの開業のご相談が増えています。

 

ただ単に、収益源が欲しいということではないようです。

 

 

・社会との接点の維持

 

・地域の安らぎの場所提供

 

・自分がハブになって小さなコミュニティをつくる

 

色々な目的や願望をあるようです。

 

 

このオーナーとはこれからまずは

 

「誰にどんな価値を提供して、どのような喜びを与えたいのか」

 

を考えていきます。

 

「誰に」

 

がなかなかイメージしにくい場合は

 

「こんなお客様には来てほしくない」

 

という「逆ペルソナ」(こんな言葉があるかどうか知りませんが)

から描いていくことにします。

 

また引き続きカフェ開業のプロセスはアップしていきます

 

--------------------------------------------

 

カフェ開業のご相談は下記から。

 

スカイプや電話による30分無料相談も行っております。

 

ご相談希望の方は下記のフォームより

ご連絡下さい。

http://www.e-fbs.jp/contact/