天満橋の老舗のJAZZ喫茶から学んだこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の飲食店関連の交流会の後の

 

軽い打ち合わせのために初めて行った天満橋の

 

JAZZ喫茶、BAD HOUSE

 

一緒に行った仲間の方の知り合いのお店

 

 

チャージなし、コーヒー1杯が500円、

 

お連れが注文したアルコールもたぶん500円でした。

 

 

利益出るのかなって余計な心配してしまいますが

この地で何十年も経営されているみたいです。

 

あたりに所狭しとレコードが箱に入っていて、販売もされておられます。

 

販売のほうがドリンクより利益がでるみたいですが、あまり販売には力をいれていないとか。

 

販売で楽して儲けるより、来てもらって、JAZZを楽しんでいただきたいというお気持ちだとか・・・

 

 

それで何度でも来てもらえるように、ノーチャージでドリンクを安く提供されているようです。

 

 

「好きを追求して、このビジネスに到達した」

 

という典型的な事例を見た感じです。

 

 

JAZZに興味はあるけど、何から聞き始めたらいいかわからない

 

ピアノ? サックス? トランペット?

 

という私のようなビギナーにぴったりです。

 

 

寡黙なマスターですが、ビギナーに対しては、色々と静かに教えて下さいます。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    モンクレール スーパー コピー (水曜日, 24 7月 2019 12:31)

    コピー ブランド http://www.cibbuzz.com/ シルエットは少しリラックス感のあるワイドシルエット。極めてシンプルに仕上げることで、どんなスタイルにも対応する頼もしい1枚に。モンクレール スーパー コピー http://www.cibbuzz.com/brand-106.html デイリーからオフィスルックまで幅広く活用できます。
    http://agvol.com ブランドスーパーコピー