· 

飲食店のチラシやメニューブックに使ってはいけない3つの言葉とは

飲食店のチラシやメニューブックに使ってはいけない3つの言葉とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関西の人気番組魔法のレストランの

プロデューサー本郷義浩さんの本からの引用です。

 

2013年発行 うまい店の選び方魔法のルール39

 

 

本郷さんは番組で取材する際の、店の選び方について

たくさんの視点をあげておられます。

 

なんでも番組で取材した1万件以上、

 

発効から数年たっているんで今なら1万数千件?てとこでしょうか

 

 

 

その中で、こういう宣伝をしている店は選ばないらしいです。

 

 

 

1)三大禁句として

 

・こだわわりの料理

 

・旬の食材

 

・伝統の技

 

 

2)駄目な三大上級表現

 

・究極

 

・厳選

 

・絶品

 

 

3)サービスについて三大禁句

 

・繊細な心遣い

 

・心づくしの

 

・真心込めた

 

 

たしかに、ぼくもクライアントさんに

メニューブックやチラシの表現のアドバイスをする時に、

これらの表現はできるだけ避けるようにします。

 

陳腐ですし、使っていて恥ずかしい気分になります。

 

 

料理人が、食材や料理にこだわって当たり前です。

 

 

 

とは言ってもこれらの言葉を使っているから

 

ここの店はあまり何も考えていない

 

 

だから大したことはなさそう、

 

選ぶのはやめよう

 

という考え方も、短絡的で危険ですね

 

いい店に出会うチャンスを逃す可能性もあります。

 

 

本当に流行っている店は、広告宣伝でお客様を呼び込む必要はない

 

 

でもとりあえず、チラシくらいは用意はしておくべき

 

 

それなりにの内容で作っておこう

 

という考えの店もありますので。

 

もちろん、この本でも美味い店をえらぶ視点を

39あげておられるので

その他の視点も併せて総合的に判断しろということです。

 

 

ただチラシを使って本気でお客様を集めたいと思っているなら

 

こだわりの ➡ 何をどのようにこだわっているのか

 

厳選 ➡ どこからどのようにして厳選したのか

 

こころづくしの ➡ たとえばどんな場面でどのように

 

と具体的な内容を伝えたいところです。